旦那不倫

不倫してしまったことが夫や妻にバレてしまった場合には、慰謝料請求される可能性を考慮しないといけないです。

不倫による慰謝料請求の金額って結構大きくて、その人の経済状況によっては慰謝料返済が厳しくなってしまって、返済が滞ってしまうということも普通にありえます。

そんな不倫による慰謝料請求ですが、一般的な不倫による慰謝料請求の相場はどれくらいの額になるのでしょうか?

不倫による慰謝料相場はどれくらいなの?

不倫による慰謝料相場

不倫による慰謝料請求の相場は250万円くらいが基準になってくるのではないかと思います。

不倫の状況や収入状況などによっても違ってきますが、一般的な慰謝料請求の相場は250万円程度が一つの基準になります。

しかし、そもそも不倫による慰謝料については明確な基準があるというわけではなく、夫婦の婚姻期間や精神的苦痛、資産や収入、年齢、不倫相手との交際期間、職業、交際の経緯、不倫相手の妊娠有無、離婚に至ったか等、色々な要因が加味されて総合的に慰謝料が算出されることになります。

しかし不倫したら必ず慰謝料が発生するというわけでもないです。

不倫しても慰謝料なしの場合がある?

不倫しても慰謝料なし

不倫して相手の夫や妻から慰謝料請求されたとしたら、必ず慰謝料が認められると思っている人もいますが、実際にはそうでもないです。

婚姻関係がある場合に不倫したら、普通は慰謝料が発生するだろうと思うのですが、必ずしもそうでないのが不倫なんですよね。

具体的には不倫開始時に婚姻関係が破綻しているような場合には、慰謝料が発生しない可能性があるということです。

つまり不倫開始の時点で、すでに夫婦関係が壊れているような状況なら、不倫したとしても精神的苦痛はないだろうという判断ではないかと思います。

ただ、不倫開開始時にすでに婚姻関係が破綻していたことを証明する必要があるので、認めさせるのは簡単なことではないです。

良くある事例では、不倫開始時に夫婦仲が上手く行っておらず別居状態だったという場合だと夫婦関係が破綻していたとみなしてくれる可能性があるようです。

不倫の慰謝料はしっかりと減額交渉しよう!

不倫慰謝料減額交渉

不倫の慰謝料は上記でも説明していますが、基本的に金額には決まりはないので、慰謝料請求する側としては、とんでもない金額をふっかけてくる可能性があります。

実際に慰謝料請求で「1000万円以上請求された」という事例も普通にあります。

慰謝料請求の相場は250万円なので相場の4倍以上の金額です。

しかし慰謝料請求には金額による決まりはないので、双方でこの金額で合意した場合には1000万円の慰謝料が認められることになります。

そのためしっかりと相場の範囲内の慰謝料に抑えるためにも減額交渉をするのは必須です。

慰謝料の相場を知らずに相手の言い値で合意してしまったらとんでもないことになりますからね。

慰謝料の交渉をする際にはしっかりと弁護士に話して減額してもらうことを忘れないようにしましょう。

不倫の慰謝料を払えない場合にはどうする?

不倫慰謝料払えない

不倫の慰謝料の相場は普通に250万円もするので、人によっては一括で払うことができずに困っている人もいるのではないでしょうか。

そのため慰謝料が払えないような場合には何とかしてお金を作る必要があるのですが、お金がない場合にはどうしようもないので、そのまま放置してしまっている人も少なくないです。

実際に慰謝料をしっかりと完済する人の方が少ないんですよね。

金額が大きすぎるので払える人は払えるのですが、不倫相手がアルバイトなどの場合には、お金がないのでどうしようもないです。

つまり「ない袖はふれない」ということです。そのため払えないまま時効を迎えて逃げ切るということも考えられます。

とは言っても、状況によっては給料や資産が差し押さえられる可能性もあるのでベストは方法ではないです。

慰謝料をキャッシングやカードローンで支払う

慰謝料キャッシングローン

収入がある場合には、慰謝料で給料が差し押さえられないためにも、無理してでも支払う必要があります。

慰謝料に関する誓約書や合意書がない場合なら、慰謝料を滞納しても差し押さえられることはないと思いますが、普通は慰謝料に関する合意書などを取るので、滞納したりするとマズいことになります。

慰謝料が払えない場合には、ほかにアルバイトをしたり、収入を増やす努力をするかしかないですが、一番現実的なのは、キャッシングやカードローンで慰謝料を支払うことです。

とは言っても、こういった慰謝料の支払い方をして、今度はキャッシングやカードローンの支払ができなくなったらどうすればいいのでしょうか?

最終的には債務整理を検討する

慰謝料債務整理

不倫による慰謝料をキャッシングやカードローンなどで工面して、それが支払えなくなってしまった場合には債務整理を検討することになります。

不倫の慰謝料自体は借金ではないので債務整理することはできないですが、キャッシングやカードローンによる借金は債務整理によって軽減することができるので、債務整理の対象になります。

債務整理と聞くと自己破産をイメージする人が多いですが、債務整理には他にも任意整理や個人再生という方法があります。

任意整理や個人再生なら住宅ローンを払っている家を残しながら債務整理することができたり、資産を売却せずに債務整理することも可能なので、検討する余地は十分にあると思います。