不倫による慰謝料請求が裁判で決まってしまったが、慰謝料が払えないということは普通にありえることです。

ただ通常は慰謝料請求以外にも弁護士費用など、不倫に関連する借金は色々あります。

不倫相手の人のパートナーである夫や妻から慰謝料請求される場合の金額は通常の慰謝料相場よりも多額な場合が多く、そういった金額に対抗するために弁護士を雇って争うことになります。

実際に不倫期間が短いのに、慰謝料500万円請求されたというケースも普通にあります。

ただこれを認めてしまったら普通に払わないといけなくなってしまうので、通常の慰謝料相場になるように弁護士同士で話し合いを行うことになるかと思います。

それでも不倫による慰謝料は普通に100万円を超えることが多いので払えない場合も珍しくないです。

そういった場合には、慰謝料以外の借金などを債務整理して金銭的な負担を軽くしてから返済していくということが考えら得ます。

不倫による慰謝料は債務整理することができないのでやっかいですが普通の借金なら債務整理によってお金を捻出できる可能性があります。

ただ、まったくお金がなく収入がない場合には、開き直ってしまうという方法もあります。

慰謝料請求されたとしてもないところからは取れないので、収入や資産がないような場合にはそのままにしてしまうということも一つの手段です。

https://www.fukuda-law.jp/