不倫の慰謝料は普通に数百万円を超えてくるので、慰謝料請求されてしまった場合には非常に大きな経済的な負担になってしまいます。

近年は不倫をする人も多く、ダブル不倫によって泥沼化することもあり、そうなると相手側も激怒してしまって、とんでもない金額の慰謝料をふっかけてくることがあります。

そこで返済不可能なくらいの大きな金額を慰謝料として請求されてしまった場合にはどうすればいいのでしょうか?

状況によっては400万円や500万円などのかなり大きな金額を請求されることもあり、収入や資産状況によっては返済することができず、どうしようもないことになってしまう可能性もあります。

そうした場合には自己破産を検討する人も多いのではないではないでしょうか?

自己破産は有名な債務整理方法の一つで、裁判所で手続きをする債務整理方法で、裁判所から免責が認められると、借金返済する必要がなくなるという、借金が0円になるのと同じ効果が得られる債務整理方法になります。

そのため自己破産によってほかの借金を含めて慰謝料も免責してもらおうと考える人もいるのではないでしょうか。

しかし自己破産では慰謝料を免責してもらうことはできないです。

慰謝料は借金ではないので、免責してもらうことはできないということです。とは言っても自己破産するくらい経済的に困窮している場合には、慰謝料請求されたとしても取られるほどのものはないので開きなおるのも一つの方法です。

http://www.creditconnectusa.com/