不倫による慰謝料請求と借金返済の負担でダブルで大きな負担がのしかかってしまって精神的に参っている人は結構います。

まあ、不倫をするというのは自業自得なのですが、借金返済で苦しんでストレスが貯まっているような場合で、家に居場所がないような状況だと不倫に走ってしまうというのは納得できます。

実際に昔と比べて不倫をする人は多くなってきており、芸能界での不倫ラッシュを見ても、不倫は特別な人だけがするというのではなく、誰でも可能性があるというものだということがわかります。

不倫はバレなければいいのですが、バレてしまったらそれ相応の覚悟が必要です。

最近では不倫による慰謝料と借金返済で経済的に追い詰められてしまって、債務整理する人が増えています。

ただ誤解している人も多いのでしっかりと説明すると、債務整理は借金返済には非常に効果的ですが、慰謝料には効果はないです。

つまり債務整理をしても慰謝料は減額されないということです。

しかし、借金返済の負担軽減には非常に効果が高いので、総合的に家計の負担は債務整理によって軽くなるということです。

まあ、慰謝料請求については公正証書や調停によって内容が確定してないような状況なら、滞納したとしても強制執行されることはないので、意外と取り立ては緩いんですよね。

しかし借金の場合には普通に強制執行や裁判で取り立てられることがあるので、借金があれば借金返済を優先した方がいいと思います。

http://www.granlogiaguatemala.com/