不倫に慰謝料請求されたけど、金額が大きすぎて払うことができないので任意整理によって慰謝料を減額したいと考える人は少なくないと思います。

任意整理は債務整理方法の中の一つの手段で、交渉によって借金減額条件を変更してもらい、借金負担を軽くするという債務整理方法です。

そのため任意整理を弁護士や司法書士に依頼すると、弁護士や司法書士が金融業者などと直接交渉して借金返済の負担額を小さくしてもらうことが可能です。

返済条件については任意整理を担当する弁護士や司法書士の交渉能力によって左右されるので、弁護士や司法書士などの交渉を担当する専門家選びが非常に重要になってくる債務整理方法にあります。

そんな任意整理ですが、不倫による慰謝料請求の金額を減らすことは可能なのでしょうか?

結論から言ってしまうと、任意整理では不倫による慰謝料請求金額を減額したり、免除してもらうことはできないです。

慰謝料請求の減額なら、慰謝料金額が確定する前の示談交渉ですでに交渉していると思うので、相手側としては普通に応じてこないと思います。

任意整理は便利ですが、あくまでも利用できるのは借金に対してであって、慰謝料には効果がないです。

とは言っても慰謝料以外に借金があって、返済が厳しいようなら十分に効果を期待できるので下記を参考にしてください。

http://www.moleculareconomics.org/