不倫をされた場合には離婚するかどうかに関わりなく、夫や妻の不倫相手に慰謝料請求する人ができます。

何となく不倫相手に慰謝料請求する場合には弁護士に依頼するというのが当たり前に思っている人も多いかと思いますが、弁護士以外にも司法書士の活用を検討するのも一つの方法です。

とは言っても司法書士は弁護士と違って代理人になれないので、基本的には書類作成業務が主な仕事になってきます。

そのため「慰謝料に関する合意書」などを作成するのに利用するのが一般的です。

ただ司法書士には「140万円の規制」というものがあり、慰謝料として140万円以上請求できないという決まりがあります。

これは慰謝料請求に限ったことではなく、債務整理でも同様にです。

司法書士の場合だと140万円以上の借金案件は取り扱えないことになっているので、借金額によっては司法書士に債務整理を依頼できないという問題があります。

司法書士は弁護士よりも総合的に費用が安いので、使い勝手がいいのですが、「140万円の規制」について知らない場合には使いどころを間違えてしまう場合もあるので注意が必要です。

司法書士は慰謝料請求や債務整理などに、いくつかの制限がかかってしまうので、そういった制限のない弁護士を利用するのが無難かもしれないですね。

ちなみに下記で司法書士による債務整理について説明しているのでよかったら参考にしてください。

http://www.breakthrough-net.jp/